雙六手引抄32

№32  (←クリックすると底本画像が表示されます)

●●●●●●x______ 
●●●●●●x______ 
__●_●●x______ 
______x______ 
______x______ 
1 2 3 4 5 6 6 5 4 3 2 1 
______x______ 
○_____x______ 
○○_○__x______ 
○○○○__x______ 
○○○○○_x_○___○ 
内                外 

△二六 三六をは一ぢのいし 
 をはしれ 二ついりては 
           重六の 
           おくれと 
           なる也

[解説]
 № 32 解答図 (62は□、63は△) 

●●●●●●x______ 
●●●●●●x______ 
__●_●●x______ 
______x______ 
______x______ 
1 2 3 4 5 6 6 5 4 3 2 1 
______x______ 
○__□__x______ 
○○△○__x______ 
○○○○__x______ 
○○○○○_x_○____ 
内                外 

原文:△二六 三六をは一ぢのいしをはしれ 二ついりては重六のおくれとなる也
 
直訳:二六、三六をば一地の石を走れ。二つ入りては重六の遅れとなる也。 

 № 32 参考図 (62は□、63は△) 

●●●●●●x______ 
●●●●●●x______ 
__●_●●x______ 
______x______ 
______x______ 
1 2 3 4 5 6 6 5 4 3 2 1 
______x______ 
○_____x______ 
○○_○__x______ 
○○○○△□x______ 
○○○○○○x______ 
内                外 

 私だと参考図のようにしそうだが、それはぞろ目4回ルールに慣れているだからだろうか。
15は奇数なので、ここから上げ始めても結局一回無駄になるのだから、確かに6が振れないのなら、
解答図の方がよいのかも知れない。

 № 32 実験図 (62ムーヴ後) 

●●●●●●x______ 
●●●●_●x______ 
●●_●__x______ 
●_____x______ 
______x______ 
1 2 3 4 5 6 6 5 4 3 2 1 
______x______ 
○__○__x______ 
○○_○__x______ 
○○○○__x______ 
○○○○○_x_○____ 
内                外 

 そこでロールアウトしてみることにした。上記実験図では、白は解答図の、黒は参考図の配置で、当然ピップ数は等しい。
ここからサイコロを二つずつ振り続けて、同一の目でベアリングオフしていき、どっちが先に上がりきるかを見てみるわけだ。
もちろんぞろ目2回ムーヴである。 
 結果はほとんど変わらない。大体が引き分けだ。黒が勝つこともあった。しかし6が出ない展開になると、確かに白が勝つこともある。
10回試してみたら白の2勝1敗7引き分けであった。 
 サンプルが少ないので断定的なことは言えないが、確かに解答図の方がわずかにいいのかも知れない。少なくとも特段不利ではない。

Comments